茨城県神栖市、千葉県銚子市を拠点とした青果仲卸、直売所運営の東関東連合組合-株式会社丸やホームページ

TEL:0299-92-0355
〒314-0143 茨城県神栖市神栖1-5-1

ごあいさつOur Company

『(株)丸や』は私で三代目となります。

初代は昭和5年、商店』として祖父が、大田市場の前身である神田のガード下の問屋街にて、ミツバ等を中心に青果物を関東、東北、北海道の得意先、約50ヵ所に出荷していました。

しかし、太平洋戦争が始まり仕事ができなくなったため、戦争が終わるまで現会社がある茨城県神栖市に移住し、戦中を過ごしました。

終戦となり、東京に帰って商売を始めたかったのですが、インフレのため食料を買うのが精いっぱいの生活となり、二代目となる父が昭和32年~現神栖市のピーマン生産者からピーマンを買い、組合』産地商人として東京~横浜~名古屋の市場へ出荷を始めました。

しかし、昭和38年の鹿島港の開発に伴い移転することになり、産地商人をやめて移転と同時に『丸や』青果店となりました。

その後、昭和50年に『(有)丸屋青果』となり鹿島公設市場の開場と同時に仲卸業も始まりました。

三代目となる私は、18歳~家業の青果店仲卸店で仕事をしながら、平成6年に現神栖市波崎地区のピーマン生産者の方々との交渉にてピーマンの買い付けを始め組合』として産地商人を始めました。

後に、茨城県鹿嶋市、千葉県香取市の野菜の出荷を始め平成11年に千葉県銚子市の大根・キャベツの生産者の荷も出荷することになり印 東関東連合組合』と組合の屋号を変更しました。

平成20年、『(株)丸や』と社名変更と同時に社長に就任して現在に至ります。

※自宅の整理中に祖父の昭和4年の「東京青果商小売組合」青果手帳が出てきまして、開業が昭和5年とわかりました。
現在の大田市場前身と思われます。因みに住所は「東京市」となっております。